NEWS
  1. HOME
  2. ブログ
  3. エクササイズ
  4. 背筋やインナーマッスルを鍛えるのにピラティスがお勧めされる理由!
背筋やインナーマッスルを鍛えるのにピラティスがお勧めされる理由!

背筋やインナーマッスルを鍛えるのにピラティスがお勧めされる理由!

こんにちは。ウィメンズピラティス協会 代表の石原美香です。

突然ですが、あなたは美しい姿勢でしょうか?姿勢がいいと、凛とした印象を与えることができます。見た目の問題だけでなく、血液やリンパの流れにも影響し、美容にも関係があるのです。

姿勢を改善するために鍛えるべきなのが、背筋とインナーマッスルです。この二つを鍛えることで、代謝が良くなり脂肪を燃焼しやすくする身体作りもできます。

しかし、この背筋やインナーマッスルは通常のウェイトトレーニングでは鍛えづらいもの。そこで、ピラティスを取り入れることによって効率良く鍛えることができるのです。

今回は、背筋やインナーマッスルを鍛えることによるメリットと、背筋やインナーマッスルを鍛えるためのピラティスエクササイズを簡単にご紹介します。

背筋やインナーマッスルを鍛えるとどんな効果があるの?
Yuri
Yuri
Madonna
Madonna
姿勢が良くなったり、筋肉量が増えて脂肪の燃焼率が上がる効果があるよ!詳しく記事の中で見ていこう!

インナーマッスルとは?鍛えるメリットは?

インナーマッスルとは、身体の深いところに位置する筋肉で、背骨周辺にあるいくつかの筋肉の総称です。具体的には、腹筋の奥にある腹横筋、胸郭の下方に半球型についている横隔膜、骨盤の底にある骨盤底筋群、背骨のまわりある多裂筋などを指します。これらはチームで活躍していて、「インナーユニット」と言われることもあります。またピラティス氏は、このユニットを「パワーハウス」とも表現しました。

インナーマッスルを鍛えるメリットは、姿勢を良くする効果と、お腹周りを引き締める効果があるということ。体の内側にある筋肉であるため、姿勢の保持や、腹筋がつきやすく下腹が出にくい体作りができます。

背筋を鍛えるメリット

背筋を鍛える
背筋を鍛えることによっても、姿勢を良く見せることができるほか、基礎代謝を上げることもできます。背筋が衰えると背中が丸くなり、猫背になりがちです。背筋を鍛えることで、背骨が引っ張られ姿勢を正すことが出来ます。

さらに背筋の主な筋肉である「広背筋」を鍛えて筋肉量が増えることで基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼効率がアップします。

背筋やインナーマッスルを鍛えるためのピラティスエクササイズ

インナーマッスル

インナーマッスルを鍛えるピラティスエクササイズには、両肘、両足で体を板のようにする「プランク」、両足をついた四つん這いの状態から、手、足を1本ずつ浮かせる「スイミング・プレップ」などがあります。

ウエイトトレーニングでは、背筋やインナーマッスルは鍛えづらいもの。しかしこれらのエクサイズは、自然と全身でバランスをとろうとする中で、細かな筋肉もしっかり刺激を与えることができます。これによって通常のウエイトトレーニングでは鍛えにくいインナーマッスルを鍛えます。

ピラティスで背筋やインナーマッスルを鍛えることで見た目の美しさをアップしよう

柔軟性

この記事では、背筋やインナーマッスルを鍛えるのにピラティスがおすすめな理由について解説しました。

通常のウェイトトレーニングでは鍛えにくい部分を、ピラティスでは効果的に鍛えることができます。姿勢改善やダイエットの効果を期待する方は、ぜひピラティスを試してみてはいかがでしょうか?

********************
ウィメンズピラティス協会 代表理事:石原美香が直接指導!
1Dayピラティスインストラクター養成講座はこちらからチェック!

ピラティスインストラクター養成講座