NEWS
  1. HOME
  2. ブログ
  3. ピラティスとは
  4. ピラティスとヨガ、ホットヨガの違いは?それぞれの効果をまとめてみた

ピラティスとヨガ、ホットヨガの違いは?それぞれの効果をまとめてみた

こんにちは。ウィメンズピラティス協会 代表の石原美香です。

「ヨガとピラティスの違い」について聞かれたことない?
Yuri
Yuri
Madonna
Madonna
体験レッスンの時に質問されることがあるよね!
そうなの。でも、うまくまとめることができなくて…
Yuri
Yuri
Madonna
Madonna
初めての方だと特にどちらを選んだらいいのか、わからないという方もいるから、文章にまとめてみるね!

今回は、ピラティスとヨガ・ホットヨガの違いについて書いていきます。初めての方は、違いがあまりわからないという方もいらっしゃいますので、ぜひお役に立てればと思います。

ピラティスとヨガの違い


動きが似ているものもあり、「どう違うの?」とよくご質問をいただきます。大きな違いとしては、ヨガは「瞑想」・ピラティスは「リハビリ・エクササイズ」として生まれているという違いもあります。まずは簡単に、発祥の違いをまとめてみますね。

ヨガとは


約4500年前の古代インドが発祥です。仏教などの修行法のひとつで、ヨガのポーズにある「アーサナ」は瞑想のための坐法です。その後、坐法の補助をするために、さまざまなポーズが確立されていきました。インドの思想体系に根差した修行・治療法のひとつで、宗教観に基づいた思想と瞑想、安定した精神を作ることを大切にしています。心と体のバランスを整えるため、呼吸法やポーズをマスターすることが大切になります。

ピラティスとは


ドイツのジョセフ・H・ピラティス氏が発案したリハビリのための運動です。彼は第一次世界大戦の時に従軍看護師として看護にあたっていた時、負傷兵が寝たままでもリハビリができないか…と、このエクササイズを考案しました。1926年にジョセフ氏はアメリカに渡り、そのエクササイズがニューヨークのダンサーに受け入れられたことが、現在のピラティスに繋がっています。事実、アスリートやバレリーナがトレーニングにピラティスを取り入れています。

それぞれのアプローチの違い


ピラティスもヨガも、ダイエットに効果があるといわれています。その説明は後に書きますが、その前に、それぞれのアプローチする部分の違いについて説明いたします。

ヨガは「精神面」を重視


ヨガは、自身でコントロールした呼吸に合わせながらポーズをすることで、自分の心と体に集中し瞑想状態へと導きます。ヨガで使われる意識した呼吸のことを「プラーナヤーマ」と言いますが、この呼吸は、副交感神経を活性化させ、自律神経の乱れを整えていきます。単なる健康法としてだけではなく、リラクゼーションやうつ病の対策にも効果的だと言われています。

もともと修行法として生まれたヨガは、精神を安定させる体内物質が放出されるということも科学的に証明されています。
精神的なリラックス効果が感じられ、精神面での強化の他にも、内臓にも働きかけるので、体の中から整えることもできます。腸内環境を向上させることもできるため、「便秘が改善された」という声もあります。

ピラティスは「筋肉・骨格」を重視


ピラティスは、実は複数のトレーニング・健康法を取り入れて考案されたものです。もちろん、ヨガも含まれています。ヨガとピラティスが似ているというのは、これが理由です。

骨格のゆがみを整えることに重点をおいており、ダンサーやアスリートにも実は人気なのです。インナーマッスルや肩甲骨周りの筋肉に意識を向けた運動もあります。骨格のゆがみや代謝を上げるのに血流をよくするのにも有効なエクササイズです。骨格を意識するために、専用のマシンを用いられることもあります。

骨格のゆがみや筋力不足を解消すること有効で、ダンサーやアスリートは、怪我の予防やパフォーマンス能力を向上させるためにピラティスを取り入れている方も多いようです。
もちろんピラティスも呼吸をしっかりと使っていくので、交感神経が働き、心と体を活性化させる働きがあるので、リラックス効果も同様にあります。

ホットヨガとは?

ヨガと内容は同じですが、室温38度前後・湿度60%前後という環境の中で行います。そのため、通常のヨガよりも大量の汗をかきます。
毛穴につまった汚れや角質を一掃することができるので、美肌効果も得られやすいと言われています。

ダイエットとしての効果は?

こちらも気になるところですよね!ダイエット効果に関しては、ピラティスもヨガも代謝をあげたりボディラインを整えるのにも効果的です。

ヨガのダイエット効果

呼吸とストレッチをしながら、筋肉を強化していきます。静止状態を保つことにより、体の深層に存在するインナーマッスルに働きかけ、鍛え上げていきます。また血行促進やリンパの流れをよくするとも言われています。そのため代謝も上がり、肌もきれいになります。
内臓の働きにも働きかけるので、腸内環境をぐっと向上させることもでき、便秘が改善したという声もあります。

ピラティスのダイエット効果

ヨガのリラクゼーション効果もさることながら、骨格を意識して体幹を鍛えたり、筋力不足を解消できるので、姿勢がよくなり、ボディラインが変わる、スペシャルメソッドとして世界中で支持されています。
どちらもダイエット効果があり、代謝を上げ血行をよくするため、太りにくく痩せやすい体つくりに適しています。

結局どちらを選んだらよいの?


インナーマッスルに働きかけたり、骨格も意識しているという面でもヨガとピラティスは似ている部分がたくさんあります。
その中で、精神面も重視して体を鍛えたい・代謝を上げたいという場合はヨガ、体のリハビリや怪我をしにくい体つくりを目指すのであればピラティスを選ぶのが良いかと思います。
また、ピラティスは骨格を意識しやすいように専用のマシンを使ったりもします。ヨガはピラティスの流れるような体の使い方と少し異なり、静止してポーズを長く安定させるといった体の使い方をします。
ヨガもピラティスも一度体験レッスンを受けてみて、ご自身の体に合った方を選んでみてくださいね!

********************
ウィメンズピラティス協会 代表理事:石原美香が直接指導!
1Dayピラティスインストラクター養成講座はこちらからチェック!

ピラティスインストラクター養成講座